男性の更年期障害の治療は何科?

男性の更年期障害(LOH症候群)の診察は何科で受ければよいのでしょう?

男性の更年期障害(LOH症候群)の診察は何科?

男性ホルモンの検査は泌尿器科が実施していますので、まずは泌尿器科です。

また最近は男性の更年期障害(LOH症候群)の治療を行う「男性更年期外来」や「メンズヘルス外来」も増えてきましたので、ご近所にあればこちらが良いでしょう。

実際に更年期障害と診断された男性の例

49歳の時、次のような症状が始まった・・・
・寝つきが悪い
・朝起き上がれない
・体や頭が重く感じる

職場や家庭では
・仕事でのトラブルに際して、どうしたら良いか判らなくなる
・悪い方に考えて落ち込む
・興味を持っていたこと、好きなことをやらなくなる

男性の更年期障害の症状は、うつ病の症状とも似ていて、両者を見分けるのは専門医にも難しいそうです。

中高年でうつ病と思われる症状が出て、精神科や心療内科での治療を継続しても、なかなか改善しない場合は男性の更年期障害(LOH症候群)の可能性があります。
また性機能の低下でED外来を受診している人で改善されない人も同様です。

男性の更年期障害(LOH症候群)かもしれません。
男性ホルモンの量を検査してみることをお勧めします。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策