男性の更年期障害(LOH症候群)の治療法・予防法  その2

男性ホルモンの補充以外にも、男性の更年期障害(LOH症候群)の治療方法はあります。

漢方療法

男性ホルモンの低下が少ないのに症状が強い人等には漢方療法が用いられます。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  抑うつ感やED(勃起障害)に効果があります。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  体力・気力の低下に効果があります。

その他の治療法

男性ホルモン補充療法と、漢方療法を合わせると5〜6割の患者に効果があると言われています。

両方とも効果が無い方は症状に合わせて、例えば憂うつ状態が強い人は精神科や心療内科で治療を受けながら、総合的に治療を受ける必要があります。


男性の更年期障害(LOH症候群)の予防法

男性の更年期障害(LOH症候群)の予防には男性ホルモンを減らさない心がけが必要です。

<食事>
たんぱく質が少ない食事を続けると男性ホルモンが低下すると言われています。
肉や魚をしっかり食べましょう。

<適度な運動>
散歩やウォーキング・ジョギングなど適度な運動を行いましょう。

<楽しく過ごす>
人と良く会話をするなど楽しい時間を過ごすことも必要です。

<生きがい>
趣味を持つなど、生きがいを見つけることで男性ホルモンが増えると言われています。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策