男性の更年期障害(LOH症候群)のセルフチェック

男性の更年期障害(LOH症候群)の診断では、血液中の男性ホルモンの量を測定するとともに、次のような自己記入式のチェックシートで自覚症状を確認します。

男性の更年期障害(LOH症候群)のチェック項目

各項目との「非常に重い=5点」「重い=4点」「中等度=3点」「軽い=2点」「なし=1点」の5段階で答えます。

1. 総合的に調子が思わしくない(健康状態)
2. 関節や筋肉の痛み(腰、関節、手足、背中)
3. ひどい発汗(緊張や運動と関係なくほてる)
4. 睡眠の悩み (寝つきが悪い、寝起きが早く疲れが取れない)
5. よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
6. いらいらする(あたり散らす、腹を立てる、不機嫌になる)
7. 神経質になった(緊張しやすい、じっとしていられない)
8. 不安感(パニック状態になる)
9. からだの疲労や行動力の減退(全般的な行動力の低下など)
10. 筋力の低下
11. 憂うつな気分
   (落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がわかない、気分のむら)
12. 「絶頂期は過ぎた」と感じる
13. 「力尽きた」「どん底にいる」と感じる
14. ひげの伸びが遅くなった
15. 性的能力の衰え
16. 早朝勃起の回数の減少
17. 性欲の低下
(「診療の手引き」より)

判定は合計点数で次のように行います。

合計 26点以下 ・・・ 正常
    27〜36点 ・・・ 軽度
    37〜49点 ・・・ 中等度
    50点以上 ・・・ 重度



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策