更年期障害の治療 〜あなたに向く治療法は?

更年期障害の治療薬には、ホルモン薬漢方薬自律神経調整薬、などの種類があります。

どの薬を選ぶかは治療の重要なポイントとなりますが、千差万別の症状が出る更年期障害の治療薬は、患者本人の選択が基本となります。

薬の特徴をよく理解して、医師と相談してください。

<ホルモン薬>

更年期には女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなります。人工的に作られたホルモンを薬として投与するのがホルモン補充療法です。

のぼせ、ほてり、発汗、動悸など、血管の障害などに特に効果があります。

<漢方薬>

漢方薬は穏やかに全身のバランスを整える効果があります。
患者さんによって、多くの種類の漢方薬が用いられます。

しびれ、冷え、だるさ等に効果がある他、更年期障害のどのような症状にも効き目があります。

<自律神経調整薬>

名前のとおり自律神経を整える効果がありますが、効き目はやや弱く、症状が軽い人に向いています。

自律神経系の症状である、ほてり、発汗、冷え、息切れなどをおさえる作用があります。

三つの薬には各々の特徴がありますので、効きやすい症状も異なります。
医師からよく説明を聞いて、自分の希望を伝えましょう

<自律神経調整薬>

漢方薬を用いる漢方医学では、患者の症状・体力の程度・体質などを総合的に判断し、その人に最も向いている漢方薬が用いられます。

漢方薬は多くの場合、2〜3週間で効果を実感できます。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策