更年期の食生活

更年期の不快な症状を無理せずやわらげるには食生活の改善が最も適した方法です。

更年期障害の症状に苦しむ人もいれば、更年期なんて気がつかないうちにすんでしまう人もいます。
更年期に関する、この差を生み出す要素のひとつは食事です。

食生活や日常習慣を改善することによって、更年期をより快適に過ごすことが出来ますし、更年期障害の症状は充分改善できます。

「栄養バランスの良い食事を規則正しく食べる」という基本に立ち返ってみましょう。
また、更年期に不足する栄養分を多く含む食品を食べるよう心がけるところから始めましょう。

・ 栄養バランスの良い食事を規則正しく食べる
・ 女性ホルモンを補う栄養分を多く含む食品を食べる
・ 自律神経を安定させる成分を多く含んだ食品を食べる
・ 健康食品も積極的に利用すること

などをお勧めします。

更年期のつらい症状は、ホルモンの減少が原因です。
女性ホルモンの生成や働きを助ける栄養素を積極的にとりましょう。

更年期のまっただなかにいるときは、将来のことなど考えにくいものです。

でも、5年後、10年後の自分をイメージして、老齢期におきやすい重大な症状(肥満、認知症、骨粗しょう症、転倒による骨折、寝たきり等)を予防するためにも今から食事を通じた日常生活の改善が必要です。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策