コーヒー・アルコールや喫煙は控えめに

コーヒーアルコールは新陳代謝が活発になるため、ほてりや発汗を引き起こしやすくなります。

コーヒーには骨量を減らす作用もありますので要注意です。

また喫煙は肺がんの原因ともなりますし、更年期障害を早めたり肌荒れのもとでもあります。

更年期障害の、ほてりや発汗の症状がひどいときは、コーヒーやアルコールは摂り過ぎないようにしましょう。
そして・・・禁煙をお勧めします。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策