基本-2 適度な運動を!

日常生活に適度な運動の機会をつくり、継続するには意志の力が必要です。

しかし以下にあげる更年期の運動の効用をご覧ください。
(1) のぼせ、発汗、肩こりの軽減
(2) 肉体的疲労による睡眠障害の改善
(3) 心理的にはストレスの解消、前向きな気持ちの回復
(4) スポーツによる生活習慣病の予防
(5) 運動による骨粗しょう症の予防

いかがですか?更年期障害に苦しむ方は、是非運動に取り組むべきです。

運動の種類は問いません。
少しずつ体を慣らして、出来れば毎週2〜3回、少し汗ばむくらいの運動を継続して行いましょう。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策