基本−3 充分な睡眠

よく眠れない日が続くと、日中の仕事や家事が進まず、頭痛、肩こり、疲労感など、体の不調によって日常生活に支障をきたします。

更年期には、寝つきが悪くなる、寝汗のために夜中に目を覚ます、また抑うつ状態や不安感などで眠れないなど、いろいろな睡眠障害が起きる場合があります。

それが一時的な場合は、ぬるめのお風呂にゆっくり入る、就寝前にリラックスする工夫をするなどを心がけることで改善しますが、長引く場合は医師の診断を受けるべきでしょう。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策