生理不順・閉経

更年期には生理周期が乱れてきます。
生理の正常な周期は、ふつう25日から38日で、この範囲で6日くらいのずれは正常な範囲ですが、更年期には生理周期が乱れてやがて生理が来なくなって閉経を迎えます。

一般に1年以上の間、次の生理が来ない状態になったら閉経とみなします。

症状は?

更年期になると24日以下の短い周期で何回も生理が来たり、逆に周期が39日以上もあくなど、生理の周期が乱れてきます。

また、量が増えることや、逆に極端に少なくなることもあり、人によっては量が多くなったり少なくなったりする人もいます。

治療方法は?

卵巣機能の低下による生理不順は、体の自然な変化です。
特別な治療は必要ありませんが、女性ホルモンは女性にとって健康を守る潤滑油のようなもの。

ホルモン補充療法(HRT)を選択し、低容量ピルを使って女性ホルモンを補うのもひとつの方法です。
低容量ピルを飲んでいれば、妊娠の心配もなく、きちんと生理が訪れるようになり、更年期の症状の治療に有効です。

また、24日以下の短い周期で何回も生理が来る人や、出血量が増える人は、出血量が多くなって貧血を起こすことがありますので注意が必要です。

貧血がひどい場合は、症状の原因治療とともに鉄剤の服用などの治療も必要です。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策