更年期障害とは?

更年期障害は、40代半ばから50代半ばの女性に見られる、閉経前後の女性ホルモン減少に伴う身体的、精神的な諸症状のことです。

とくに卵巣機能が衰えて、卵巣で作られるエストロゲンが減少することによって身体的、精神的にさまざまな影響を及ぼします。

症状の出方には個人差がありますが、

のぼせ、発汗
手足の冷え
寝つきが悪い、眠りが浅い
不安感、憂うつ
肩こり、腰痛、関節痛
動悸、息切れ
めまい・耳鳴り
・イライラ
・頭痛

などの症状、不定愁訴があらわれます。

  ※「不定愁訴」とは患者も体のどこが悪いのかよくわからず、検査をしてもどこが悪いのかはっきりしないものを指す言葉です。

・気力がなくなる
・物忘れがひどくなる    を感じる人もいます。

また、上記の身体的な変調に加えて、この年代では

・子供の手離れ
・夫の単身赴任
・親の介護

など、家庭環境の変化の大きな時期であり、本人の性格なども影響して、つらい症状が現れる場合があります。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策