お肌をうるおす保湿成分の選び方

肌の保湿剤は、肌への刺激が少なく、シットリ感が長持ちするタイプのものがお薦めです。

お試しサイズのものや試供品を2週間ほど使って、自分にあったものを選びましょう。

・油性基材【肌を覆う】:スクワラン、ワセリン、ゴマ油

・多価アルコール【皮膚がなめらか、しっとり】:グリセリン

・天然保湿因子とその類似成分【保湿、うるおい】:尿素、乳酸、アミノ酸、ピロリドンカルボン など

・生体水溶性高分子および細胞間物質【保湿、うるおい】:コラーゲン、ヒアルロン酸、ケラチン、セラミド、コンドロイチン、キチン、



前のページ     ▲このページの先頭へ     次のページ



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策