若年性更年期障害の予防と対策

20代30代の若年性更年期障害の原因として

・仕事や家事、人間関係でのストレス
・食生活の乱れ
無理なダイエット
・たばこ
・お酒
・運動不足
・睡眠不足    等があげられます。

これらの要因をひとつずつ取り除いてゆくことが若年性更年期障害の予防と対策につながります。

20代30代の更年期症状(若年性更年期障害)を予防するためには日常生活に趣味やスポーツ、旅行などストレス解消策となる気分転換をじょうずにすることが必要です。

自律神経の乱れによって女性ホルモンの正常な分泌が妨げられると、更年期と同様の症状があらわれ、月経が止まった状態が続くと卵巣機能が元に戻らなくなる可能性もあります。

ホルモン量が減少している場合は、ホルモン補充療法を行いながら、生活のリズムを整えてゆけば卵巣の機能は回復します。

ホルモン量が正常なら、上にあげた事柄が原因になっているかもしれません。

たとえば、ストレスが原因ではありませんか?
自分でストレス解消が難しい場合は、カウンセリングを受けたり、漢方薬などを使ってみましょう。

しかし、実際に卵巣などの異常があって更年期障害のような症状が出ている場合もありますので、生理が3ヶ月もないような場合には、婦人科で診察を受けてくださいね。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策