日常の食べ物や健康食品で工夫

ホルモンに似た働きをする成分を多く含む食べ物や健康食品を日常生活でじょうずに使用することは、10年間の更年期をすこしでも快適にすごすひとつの方法と言えます。

更年期のつらい症状を緩和するには、くずれたホルモンのバランスをすこしでも本来の状態に近づけることが必要です。

また更年期になる前から早めにこうした食べ物や健康食品を用いていると、更年期になったときのつらい症状を軽くする効果が期待できます。


前のページ     ▲このページの先頭へ     次のページ



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策