若年性更年期障害の原因―ストレス

若年性更年期障害とは、20代30代の若い女性に、卵巣の異常が無いのに更年期のような症状があらわれることをいいます。

更年期障害は加齢による卵巣機能の低下が主な原因で、20代30代で更年期障害が現れることは本来、考えにくいことです。

女性の社会進出が当たり前となり、20代30代の女性は男性と同じように責任ある仕事を抱えています。

休日出勤や残業に追われ、精神的にも肉体的にもストレスをため込むようになりました。

ストレスは、20代30代の更年期症状の原因となるものです。

また働く女性でなくとも、現代の生活そのものが大きなストレスを生み出しているとも言われています。

ストレスが加わると、自律神経の働きが混乱して女性ホルモンの正常な分泌の妨げとなり、更年期と同じ、さまざまな症状が出てくるのです。

仕事や人間関係のストレスなど、思い当たることがあればまずこれを改善することが必要です。

趣味を楽しむ、友人と話す機会を増やすなど、できるだけストレスをためない工夫をしましょう。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策