更年期の自覚症状

更年期の症状は実に多彩です。
また更年期の症状は、日により、時間により変化することも大きな特徴です。

更年期にはいろいろな症状が出てくる上、同じ症状でも日によって強さが違います(不定愁訴)。
頭痛が続いた後、だるさや下腹部の張りを感じ、そのうち耳鳴りが気になるなど、不快な症状が次々と現れたり重なって出たりと一定しないため、その都度あちこちの診療科で検査をしたあと、ようやく更年期症状だと気づく場合もあります。

更年期のおもな症状
生理不順・閉経
ほてり・のぼせ・多汗・寝汗
手足・腰の冷え(冷え性)
動悸・息切れ・頻脈
頭痛、頭が重い
不眠・眠りが浅い・寝つきが悪い
不安・ゆううつ・気分の落ち込み
・疲労感、脱力感、倦怠感、だるい、疲れやすい
・手足のしびれ
肩こり・腰痛・関節痛
・老眼、眼精疲労、飛蚊症
・ドライアイ
めまい・耳鳴り
・残尿感、頻尿
・尿失禁、尿漏れ
・膣の乾燥感、性交痛
・むくみ、静脈瘤
・口やのどの渇き、ドライマウス
・肥満
・しみ・しわ・皮膚の乾燥
・白髪・細毛・薄毛
・かゆみ、かさつき

更年期の症状と思っても、ほかの病気のサインである場合も有ります。
気になる症状がある場合ははやめに婦人科やかかりつけの内科に相談しましょう。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策