不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い

なかなか寝つけない、眠りが浅い、何度も目が覚める、遅く寝たのに朝早く目が覚めてしまう等の症状で寝不足で頭がスッキリしません。

睡眠不足になると一日中、疲れや眠気が取れない上に、頭もスッキリしないので生活への支障も大きくなります。

症状は?

更年期の不眠は、夜中に急に起こるほてり、のぼせによる寝汗で目を覚ます、頻繫にトイレに起きる、手足・腰の冷えでよく眠れない等、更年期のさまざまな症状が原因になっていることが多いものです。

不安になる、憂うつになるなど更年期特有の精神状態がある場合は睡眠障害の症状はより強くなります。

更年期症状が原因になっている不眠は、ホルモン補充療法漢方療法によってその症状を改善することで眠れるようになります。

セルフケアは?

どうせ眠れないなら
・好きなCDやDVDを楽しむ
・読みたい本を読む
くらいの気持ちでいると眠れることもあるものです。

ぬるめのお風呂にゆっくり入るのも効果があります。
お風呂には気分を落ち着かせるハーブなどの入浴剤や、エッセンシャルオイルで好みの香りを楽しむのも良いでしょう。

暖かいミルクを飲む暖かいハーブティーを飲むのも眠りに入るために効果があります。

また適度の運動をする、からだを動かす等も、眠りを誘うために大切です。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策