手足・腰の冷え

手足や腰の冷えを訴えるのは更年期の女性に限りませんが、更年期になってさらに症状がひどくなる人や、更年期に入ってから冷えを感じるようになったという人もいます。

ほてり、のぼせ、多汗と同様に、律神経の失調が主な原因のため、更年期の手足・腰の冷え、冷え性の症状には、ほてり、のぼせ、多汗を伴うのが大きな特徴です。

上半身は汗をかいているのに、足は冷たい「冷えのぼせ」も更年期には多い症状です。

治療方法は?

手足・腰の冷え、冷え症は病気ではありませんが、次のような病気につながることもあります。 ・頭痛、肩こり・腰痛 ・下痢、 ・不眠・眠りが浅い・寝つきが悪い 、 ・肌荒れ、 ・生理痛、生理不順

しっかりセルフ・ケアを行い、もし症状が改善しない場合は婦人科を受診しましょう。

婦人科では自律神経調整剤やビタミンEによる薬物療法、HRT(ホルモン補充療法)、漢方療法などが行われます。

セルフ・ケアは?

こまめに体を動かす
ウォーキング、階段を上るなど適度の運動で血行を良くするのが効果的です。

体を温める食材を摂る
ビタミンEや鉄分を豊富に含む食品や、にら、にんにく、ねぎ等、体を温める野菜も効果があります。

入浴と足浴で血行促進
半身浴でぬるめのお湯にユックリつかり、お風呂上りには軽いストレッチを行うと血行がよくなり、体全体が温まります。足湯も効果的です。

衣類にひと工夫
きつい下着や衣類、ブーツやハイヒールでは血行が悪くなります。
からだにフィットしたデザイン、遠赤外線など血行促進効果のあるものを。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策