更年期障害の治療

更年期障害の治療法には、人工的に作られた女性ホルモンを投与するホルモン補充療法(HRT)や漢方を用いた薬物療法、痛みや悩みのカウンセリング、生活習慣改善の指導などがあります。

米国では、ホルモン補充療法を行うと乳がんの発生が高まるとも言われていますので、この療法を受診する方は毎年の乳がん、子宮がん、卵巣がん検査が必要です。

ホルモン療法などの治療法を行わず、食生活や生活習慣の改善によって更年期の症状を緩和することが望ましいという医師もいます。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策