男性の更年期障害(LOH症候群)とは何か?

男性にも更年期障害があります。

男性の更年期障害とは何か?

男性の更年期障害とは、加齢とともに男性ホルモンの一種であるテストステロンが低下しておこる精神・身体・性機能の不調のことです。

男性の更年期障害は、女性の更年期障害との混同を防ぐため「加齢男性性腺機能低下症候群LOH症候群、ロー症候群)」と呼ばれています。

LOH症候群のLOHはLate-Onset Hypogonadismの頭文字で「歳を取ってから起きる男性ホルモンの低下」の意味です。

男性の更年期障害の症状

男性ホルモンには次のような機能・働きがあります。
・筋肉を作る
・骨を作る
・物事を判断したり、記憶したりするなど脳の認知力
・性機能を担う

男性ホルモンの低下を原因とする男性の更年期障害の症状は、
・筋力の低下
・内臓脂肪の増加
・骨粗しょう症
・記憶力の低下
・やる気の低下
・うつ病
・性機能低下
などがあります。

男性ホルモンはなぜ低下するのか?

男性ホルモンは加齢によって年齢とともに低下してゆきます。
また社会的なストレスを長期間受け続けると男性ホルモンが低下します。

男性更年期の発症は40代から60代が多く、この年代の男性にかかるストレス(仕事、子供の教育、妻との関係、親の介護、住宅ローンなど)も男性ホルモン低下の大きな要因と言われています。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策