更年期って何だろう?

更年期というのは、40代なかば〜50代なかばの年代をさす言葉です。

・幼少期(0〜7歳)、
・思春期(8〜18歳)、
・性成熟期(18〜40歳)、
更年期(40〜55歳)、
・老年期(55歳〜)

の区分に由来します。

年代の感覚は、現在と少しちがいますね。

女性の場合、閉経の平均年齢が50.5歳なので、その前後10年〜15年間が更年期にあたります。

かつて平均寿命が50代であった時代には「人生の黄昏」をもイメージさせた更年期という言葉。

女性の平均寿命が86.05歳(平成20年)となった現在では、更年期はこの先30年をいかに生きるか、第2の人生を踏み出す重要なターニングポイントとも言えます。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策