20代30代の更年期症状

若年性更年期障害とは、20代30代の若い女性に、卵巣の異常が無いのに更年期のような症状があらわれることをいいます。

若年性更年期障害の多くは、

 ・ ストレス
 ・ 仕事上のトラブル、
 ・ 無理なダイエット
 ・ 食生活の乱れ
 ・ 不規則な生活

などが大きな原因と考えられています。
(スポーツ選手の場合は、過激な運動が原因になることもあります)

<20代30代 こんな人は要注意!>

 ・ 仕事や家事、人間関係でストレスを感じやすい
 ・ ファーストフードやインスタント食品を食べることが多い
 ・ 無理なダイエットをしている
 ・ たばこを吸う
 ・ お酒を飲む
 ・ 運動不足
 ・ 睡眠不足

こうした要因が、卵巣の働きを低下させたり、ホルモンのバランスを乱して、更年期と同じような症状が現れると考えられています。

元気な赤ちゃんを産むためにも体内のホルモンのはたらきや妊娠・出産のしくみ良く理解して、栄養バランスの良い食生活と規則正しい生活習慣を心がけることが重要です。



 
<PR> 投資信託の基礎知識金融商品取引法 |  会社法対策