更年期障害の不快な症状

すべての女性に訪れる更年期ですが、更年期症状のあらわれ方や強さには個人差があります。理由としては、更年期の症状が起こる要因には「体」「こころ」「環境」が複雑に絡まり合っているからです。


更年期障害の不快な症状 目次


更年期の自覚症状
更年期には実にさまざまな自覚症状があります。
更年期症状のあらわれ方には個人差が
更年期症状のあらわれ方や強さには個人差があります。
生理不順・閉経
卵巣機能の低下が原因の場合は特別な治療は必要ありません。
ほてり・のぼせ・多汗(ホットフラッシュ)
ほてり、のぼせ、多汗、ホットフラッシュは更年期の典型的な自覚症状です。
手足・腰の冷え
更年期の冷え性は、ほてり、のぼせ、多汗を伴うのが大きな特徴です。
不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い
更年期症状が原因になっている不眠は、症状を改善すると眠れるようになります。
不安になったり、憂うつになることが多い
更年期には心身の変調で不安を感じる人が多いものです。
肩こり・腰痛・関節痛
日常的に骨や筋肉の老化を防ぐ工夫が必要です。
動悸・息切れ・頻脈
発作がおきたら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。
めまい・耳鳴り
更年期のめまいは、いつでも、どこでも突然に・・・。
頭痛、頭が重い
更年期の頭痛や肩こりは卵巣機能の低下が招く血行不良が大きな要因です。
スポンサードリンク


 
<PR> 金融商品取引法 |  会社法対策 |  知的財産権の基礎知識 |  日本版SOX法